株式会社 家守|栃木県宇都宮市『木組みの家』

見学会情報 Facebook Instagram

BLOG

家づくり  | 2021/04/15

羊毛の断熱材

鹿沼の現場では内部木工事が進んでいます。
家が建つと見えなくなってしまう壁と壁の間にはフカフカの羊毛の断熱材がぎっしりと入っています。住む人の健康と環境への思いやりが形になった羊毛断熱材=ウールブレス
「呼吸する断熱材」とも言われ、優れた吸放出性により壁内結露の心配が少なく、化学物質、接着剤等を使用していないのでホルムアルデヒドを一切含んでいません。
その他耐久性、防音性に優れ、難燃材で燃えにくい高性能な断熱材なのです。
フワフワの羊の毛そのものですので、施工していてもグラスウールなど化学繊維と違い、チクチクしません。

住む人にも施工する側にも安全な素材、そして環境に優しい自然素材を選んでいます。
家の一部として住まう人の健康を支え、やがて家がその役目を終える時も土に還ることのできる素材をおすすめしています。