株式会社 家守|栃木県宇都宮市『木組みの家』

見学会情報 Facebook Instagram

BLOG

家づくり  | 2019/09/27

久しぶりの瓦です。

ただいま、瓦屋さん作業中です。
久しぶりの瓦屋根!きずりから瓦桟取り付けの様子です。

きずりをつけることによって、雨水を留めずに流すことができ、瓦桟部分の換気性を高めることができます。
そして瓦桟の取付け。
瓦桟とは、瓦の屋根を葺くときに野地板に横向きに取り付ける細長い部材のことです。
瓦の重なりを均等にし、水の侵入を防ぐ役割と、瓦がずり落ちないようにとめておく役割があります。
経年の傷みなど先のことを考え、家守では通常よりも太い材(18×45)を使用しています!

見えない箇所も手間を惜しまず丁寧に施工し、お客様が安心して末永く住み継いでいただけるよう心を込めて家づくりをしていきます。