株式会社 家守|栃木県宇都宮市『木組みの家』

見学会情報 blog facebook instagram

concept

ずっと先の春の日もきっとテーブルに飾る野の花を摘みに散歩へと出かける。

穏やかな日々を重ねて、1日1日が、平穏無事でやすらかな日でありますように。
そんな「寧日」を願い、住む人とともに丁寧に作り上げていきます。

私たちが得意とするのは、木を木で組むこと。
強くて丈夫な柱と、一般的な在来工法の倍ほどの本数の木材を使い高い精度で木を組み上げていく光景は、感動的な迫力があります。

ただ古くなるのではなく、時を経た美しさと豊かな表情を持つ家。
命を預かるにふさわしい、粘り強さのある家。
何十年も先、世代を超えて心豊かに住み継いでいく家。
私たち家守は、そんな家を作りたいと考えています。

自然に敬意を払い、素材を丁寧に扱う。強く美しい戦前の家に学ぶ、現代の家づくり。

かつて、戦前の日本でみられた「木組みの家」は、現代の家づくりからはほとんど忘れ去られてしまった、強さと美しさを持つ伝統構法です。

日本の気候風土に合わわせて、長い年月をかけて培われてきたにもかかわらず、技術と手間がかかることで急速に失われてきた、かつての家づくりですが、近年、地震への強さや環境負荷の面から再評価されつつあります。
本格的な木組みの家だけでなく、自然素材を用いて豊かな住まいを作るという思想を受け継いだ、プレカット加工による住宅や企画住宅もラインナップに加えました。

私たちは、現代の家づくりに問題意識を持ち、真剣に家づくりに向き合う大工たちが集う全国組織である、「杢人の会」に所属しています。

いつも優しく迎えてくれたおばあちゃんの家は、なぜか気持ちがよかった。

家とは、人が暮らすための場所。
心地よくて、暮らしやすく、安心出来る家でなくてはなりません。
ヒノキの大黒柱を始めとする、安心感のある太い柱。
障子や珪藻土などの、昔から使われてきた素材。
どこか懐かしさと安らぎを感じる家こそが、私たちの目指す家です。

家守では、木組みの家に造詣が深い設計者とともに、現代のライフスタイルに合った暮らしやすさを持つ家を、住み手とともに考え、作り上げていきます。

伝統工法だからといって、古民家のような和の様式にこだわる必要はありません。
あらわしになる木の一部を、和の印象が強くないものにしたり、屋根には美しくモダンないぶし瓦を使ったりと、デザインのバランスを取ることで、現代にも合う、普遍的な美しさを持つ住まいを作ることが出来ます。

ずっと先の春の日もきっとテーブルに飾る野の花を摘みに散歩へと出かける。

穏やかな日々を重ねて、1日1日が、平穏無事でやすらかな日でありますように。
そんな「寧日」を願い、住む人とともに丁寧に作り上げていきます。

私たちが得意とするのは、木を木で組むこと。
強くて丈夫な柱と、一般的な在来工法の倍ほどの本数の木材を使い高い精度で木を組み上げていく光景は、感動的な迫力があります。

ただ古くなるのではなく、時を経た美しさと豊かな表情を持つ家。
命を預かるにふさわしい、粘り強さのある家。
何十年も先、世代を超えて心豊かに住み継いでいく家。
私たち家守は、そんな家を作りたいと考えています。

自然に敬意を払い、素材を丁寧に扱う。強く美しい戦前の家に学ぶ、現代の家づくり。

かつて、戦前の日本でみられた「木組みの家」は、現代の家づくりからはほとんど忘れ去られてしまった、強さと美しさを持つ伝統構法です。

日本の気候風土に合わわせて、長い年月をかけて培われてきたにもかかわらず、技術と手間がかかることで急速に失われてきた、かつての家づくりですが、近年、地震への強さや環境負荷の面から再評価されつつあります。
本格的な木組みの家だけでなく、自然素材を用いて豊かな住まいを作るという思想を受け継いだ、プレカット加工による住宅や企画住宅もラインナップに加えました。

私たちは、現代の家づくりに問題意識を持ち、真剣に家づくりに向き合う大工たちが集う全国組織である、「杢人の会」に所属しています。

いつも優しく迎えてくれたおばあちゃんの家は、なぜか気持ちがよかった。

家とは、人が暮らすための場所。
心地よくて、暮らしやすく、安心出来る家でなくてはなりません。
ヒノキの大黒柱を始めとする、安心感のある太い柱。
障子や珪藻土などの、昔から使われてきた素材。
どこか懐かしさと安らぎを感じる家こそが、私たちの目指す家です。

家守では、木組みの家に造詣が深い設計者とともに、現代のライフスタイルに合った暮らしやすさを持つ家を、住み手とともに考え、作り上げていきます。

伝統工法だからといって、古民家のような和の様式にこだわる必要はありません。
あらわしになる木の一部を、和の印象が強くないものにしたり、屋根には美しくモダンないぶし瓦を使ったりと、デザインのバランスを取ることで、現代にも合う、普遍的な美しさを持つ住まいを作ることが出来ます。

ずっと先の春の日もきっとテーブルに飾る野の花を摘みに散歩へと出かける。

穏やかな日々を重ねて、1日1日が、平穏無事でやすらかな日でありますように。
そんな「寧日」を願い、住む人とともに丁寧に作り上げていきます。

私たちが得意とするのは、木を木で組むこと。
強くて丈夫な柱と、一般的な在来工法の倍ほどの本数の木材を使い高い精度で木を組み上げていく光景は、感動的な迫力があります。

ただ古くなるのではなく、時を経た美しさと豊かな表情を持つ家。
命を預かるにふさわしい、粘り強さのある家。
何十年も先、世代を超えて心豊かに住み継いでいく家。
私たち家守は、そんな家を作りたいと考えています。

自然に敬意を払い、素材を丁寧に扱う。強く美しい戦前の家に学ぶ、現代の家づくり。

かつて、戦前の日本でみられた「木組みの家」は、現代の家づくりからはほとんど忘れ去られてしまった、強さと美しさを持つ伝統構法です。

日本の気候風土に合わわせて、長い年月をかけて培われてきたにもかかわらず、技術と手間がかかることで急速に失われてきた、かつての家づくりですが、近年、地震への強さや環境負荷の面から再評価されつつあります。
本格的な木組みの家だけでなく、自然素材を用いて豊かな住まいを作るという思想を受け継いだ、プレカット加工による住宅や企画住宅もラインナップに加えました。

私たちは、現代の家づくりに問題意識を持ち、真剣に家づくりに向き合う大工たちが集う全国組織である、「杢人の会」に所属しています。

いつも優しく迎えてくれたおばあちゃんの家は、なぜか気持ちがよかった。

家とは、人が暮らすための場所。
心地よくて、暮らしやすく、安心出来る家でなくてはなりません。
ヒノキの大黒柱を始めとする、安心感のある太い柱。
障子や珪藻土などの、昔から使われてきた素材。
どこか懐かしさと安らぎを感じる家こそが、私たちの目指す家です。

家守では、木組みの家に造詣が深い設計者とともに、現代のライフスタイルに合った暮らしやすさを持つ家を、住み手とともに考え、作り上げていきます。

伝統工法だからといって、古民家のような和の様式にこだわる必要はありません。
あらわしになる木の一部を、和の印象が強くないものにしたり、屋根には美しくモダンないぶし瓦を使ったりと、デザインのバランスを取ることで、現代にも合う、普遍的な美しさを持つ住まいを作ることが出来ます。

about

設計と家づくりのこと

case study

設計と家づくりのこと

letter お知らせ