株式会社 家守|栃木県宇都宮市『木組みの家』

見学会情報 blog facebook instagram

おしらせ

ブログ

2021/10/20

「普通」という美しさ。

少し前ですが、益子陶芸美術館にて開催されていた企画展「黒田泰蔵 白磁の道」へ行ってきました。

黒田泰蔵氏=白磁と思い込んでいたのですが、白磁は晩年の作品だったのですね。
初期に制作した陶磁器など希少な作品も見ることができました。
でも、やはり白磁の存在感は圧倒的!
白磁そのものはもちろんのこと、その影までもが何か計算されたもののように美しさを感じました。
装飾や色味などなく、ただただ柔らかく印象的な轆轤目のある白磁。
シンプルで無駄のない美しさにとても感動しました。

無駄のないシンプルものは、見ているだけで心もスッとして気持ちの良いものです。
こだわりはあるけれどシンプル。
手間をかけても無駄がない。
そこには、奇抜な感覚も変わったものもいらず、「普通」の良さがあるのだということを学べたような気がします。
いろいろなことに触れながら家づくりにも反映していけたらいいなと思います。